I imagined an island out there which existence nobody knows about. It floats quietly in the sea, on it a single house inhabited by an old man. The old man stares vacantly at the familiar landscape from the window of his house. The only sound is the fire crackling from the fireplace contrasted by the pale light streaming through the window. He has gazed at this landscape undisturbed; a landscape unknown to anyone. The past floats by and only the present stares right back at him. He feels no sadness; only the vastness of loneliness.

Everyone has a special secret place in their mind.

I created this series as a letter from my imagined remote island.


きっとどこかにあって、でも誰も見つけられない場所。
それはきっとどこかの海にひっそりと浮かんでいて、そこにあるたった一つの家には一人の老人が住んでいる。その老人は家にある一つの窓からまるで絵のように切り取られた風景を見ることもなく見ている。暖炉の火の音しか聞こえないその青白い光の射すその部屋で、誰もいない誰にも知られていないその風景を誰に邪魔されることなく見ているのだ。そこには過ぎ去っていった過去と今,目の前にある現在しか存在しない。
悲しくはならない。
それは寂しいだけなのだ。

人は誰しも心の中に他人には見せない特別な場所を持っている。

< Prev

Next >

< Index