I sometimes I wonder if one day I will wake up and realize that this world we live in is only a dream.
At that moment, I wouldn't have any sense of reality. Not that it would feel uninteresting or boring—it just wouldn't feel real.
For example, a lonely intersection, a woman’s body, the pale colours of a sunset… all of these surely exist.
But at times, these things seem like reality is in flux and it’s never again constant.
At that intersection, people may come and go. The more I look at her body, the more I see changes. The same goes for the colour of the sky—you’ll never see the same sky again. Only subtle differences.
We live life every day, as if in deja-vu, while only seeing small changes in reality.
Reality can be like a ripple on the surface of the water.
Just as it all looks the same but is different, everything is not always as it seems.
We are living in between a past that will never return and a future that may never come.
On the other hand, when we dream, it all feels so real. But when we look back on the dream, it is in fact a carefully reconstructed arrangement of our past.
Dreams are created by the things we've experienced in our lives; regardless of our intentions, the past will come in the future.
What this work expresses is the sense of contradiction one feels having experienced a dream that feels so real that it leads one to question reality itself.  (Whether or not it exists is not a decision, but more likely a fact; the transience of the presence exists even though it shouldn't.)
You may feel you have seen it before, but that is impossible. Because this is my memory, a lie created in my head, my own personal past.


僕は時々今この生きている世界が、ある日突然夢から覚めて、それが夢であったことに気づくのではないかとよく考える。
僕はその時、現実感がなく生きていることがあった。面白くないとか、つまらないということではなく、ただ現実感がない。
例えば、誰もいない交差点、彼女の体、淡い色の夕焼け、すべてがたしかに実在する。だがそれらは時に現実感を欠いたものに見え、そしてまた一定ではない。その交差点には人が行き来し、彼女の体は見るたびに違う発見がある、空の色だって同じように見えて二度と同じ空を見ることはないだろう。ほんの少しの違い。我々はそんなまるでデジャブを見ているような少しだけの違いを現実の中に見ながら、毎日を生きているのだ。
現実とは水面の波紋のようなものである。同じように見えてすべて違い、すべて純粋ではかない。我々はもう二度とやってくることがない過去と来るかどうかもわからない未来の狭間で生きているのだ。
その一方で夢というものは、体験しているときはものすごく現実感があるのだが、後で思い出してみると実に巧妙に細工され、再構築された過去なのである。
夢というのは過ごしてきた体験を後になって再構築するもので、自分の意思には関係なく、過去は未来にやってくる。
この作品は、そんなあるかどうかも定かではないが確実に存在するであろう今日の儚さとその存在そのものが存在しないはずなのに、体験するときの現実感は現実以上な夢の持つ矛盾を表現しまとめたものだ。
見たことがあると感じるかもしれないが、絶対にそんなことはありえない。
なぜならば、これは僕の記憶であり、僕の頭の中で作り上げた嘘であり、僕個人の過去なのだから。

< Prev

Next >

< Index